解体工事に伴う瓦礫選別の基礎知識を知っておこう

瓦礫選別にはマグネットタイプを利用するといい

Dismantling news

解体工事に伴う瓦礫選別の基礎知識を知っておこう

瓦礫

瓦礫選別は業者に依頼するのが一般的

建物を解体して瓦礫が出た際、選別せずに処分してしまうと環境に悪いので選別するようにしましょう。大量にある瓦礫を選別するには重機や設備が必要になってくるので、一般的には自分で行わずに業者に依頼して選別してもらいます。

レンタルも可能

最近は、業者が重機や設備を貸し出していることもあります。そういう業者からレンタルすると、割安で借りることができるので自分で瓦礫選別を行いたい人にはおすすめです。ホームページでレンタルできる重機の一覧が見られるので、チェックしてみるといいですね。

使用するならマグネットタイプがおすすめ

瓦礫の中でも、金属は最も価値があります。そのため、金属を選別できるマグネットタイプがおすすめです。マグネットなら、鉄筋やくぎなども選別することができて便利です。レンタルや購入を考えるならマグネットタイプを選びましょう。

リサイクルできるものが混ざっていることも

環境を守るために、瓦礫も焼却や埋め立てなどの処分を行う必要がありますが、瓦礫の中にはリサイクルできるものが混ざっていることもあります。リサイクルするためには、選別する必要があるのですが、人の手では量や重量の問題で簡単ではありません。そのため、業者に依頼したり、重機を使わなくてはいけません。

広告募集中