解体工事をするには必要な申請や手続きがある

Dismantling news

解体工事の豆知識

解体工事は一生で関わることの少ないものでしょう。実はリサイクル法により、床面積が80平方メートル以上の場合、届け出業者しか工事を行えないのです。自分で解体に関する知識を持っている人は少ないですから、気になることは全て業者に聞くといいでしょう。

解体の豆知識や地球の環境問題について学ぶ

不用品

引っ越しや売却を考えているなら

兵庫やさいたま市で引っ越しや土地の売却を考えている人のために、解体業者や瓦礫選別について説明しています。駐車場や道路を舗装することも考えて、舗装工事についてもあらかじめ見ておくといいですね。

一般廃棄物と産業廃棄物の違い

一般廃棄物は、「産業廃棄物に指定されているもの以外の廃棄物」を総称したものです。それに対し、産業廃棄物は「企業が製品を製造・販売するときに出る廃棄物」の総称です。金属くずや、建築廃材がこれにあたります。

地球環境の問題TOP5

no.1

地球温暖化

今最も問題視されているのが、地球温暖化です。地球の表面にある温室効果ガスが必要以上に増えてしまったことで、多くの熱を吸収し、地球に放出してしまっています。そのため、少しずつ地球の気温が上昇してきているのです。

no.2

オゾン層破壊

オゾン層は紫外線を吸収し、生き物を守ってくれる役割があります。しかし、化学物質によってオゾン層の破壊が進んでいるのです。主に、エアコンや冷蔵庫に使われている「フロン」が成層圏まで達して紫外線に反応し、塩素原子を生み出すことが原因とされています。

no.3

森林破壊

森林には、水を貯め込みダムのような働きがあります。また、様々な生物の住処でもあり、光合成の役割もあります。しかし、建物を建てるために森林伐採が行われたり、紙や割り箸を作るためにも使われるので、どんどん森林が失われている状況です。

no.4

海面上昇

地球の平均気温が上がることにより、氷河が溶けてしまい海水が増え、海面が上昇してしまいます。このまま海面が上昇しつづければ、陸地が減少するのは確実でしょう。それだけでなく、生態系にも影響を及ぼす可能性が高く、深刻な問題だと言えますね。

no.5

水質汚染

近年、生活排水や工業排水による水質汚染が進み、水資源が減少傾向にあります。本来、川や海にはプランクトンのおかげで自浄作用があるのですが、ある程度以上に汚れるとその作用が働かなくなってしまうのです。生きるのに必要な水を綺麗に保つために、1人1人が意識していきたいですね。

解体工事に必要な準備

建設リサイクル法の申請

建設リサイクル法は資源を円滑にリサイクルするためにある法律です。工事を行う7日前までに、工事内容などを記載して都道府県知事に書類を申請しなくてはいけません。この申請は、自分で行わなくてはいけないので、注意しましょう。

道路使用許可申請

道路は人や車の通行の目的で作られているので、それ以外の目的がある場合には道路許可申請を行う必要があります。一般的には解体業者が申請するものですが、受理されるまで1週間前後時間がかかるため、余裕を持って申請を行うのが重要です。

室内物を処分する

工事が始まる前に、室内の家財を処分・整理しましょう。自分で処分した方が費用を抑えることはできますが、難しい場合は解体業者に依頼することも可能です。解体業者に依頼する場合、一般廃棄収集運搬業務許可と古物商許可を持っているか、必ず確認してください。

ライフラインを停止する

電気・水道・ガスだけでなくインターネットなどのライフラインの撤去と停止手続きを行いましょう。それぞれの管轄会社に連絡し、手続きを行いますが、セキュリティーサービスを付けている場合は、これも忘れずに解除手続きしてください。

[PR]さいたま市の業者に一般廃棄物の回収を依頼
対応エリアを要チェック!

[PR]舗装工事を対応してくれる業者を紹介!
事前調査を無料で対応☆

[PR]瓦礫選別用の器材をレンタルしよう
沢山の製品を紹介中!

[PR]家屋解体を兵庫の業者に頼もう
廃材の買取をしてくれる

広告募集中